櫻井よしこ氏「野党は恥ずべき」 憲法審開催拒否に 来月3日にフォーラム開催

 憲法改正を目指す「『21世紀の日本と憲法』有識者懇談会」(民間憲法臨調)の櫻井よしこ代表らが25日、国会内で記者会見し、各党派や衆参両院の憲法審査会に対し、改憲議論を活性化させるよう求めた。

 櫻井氏は野党が審査会の開催を拒否してきたことについて「国民が到底納得できないつまらない理由で開かないとは、国民をバカにするにもほどがある。議論するという民主主義の根本を一部の野党が否定しているのは恥ずべきことだ」と述べた。

 また、「国民の間で自衛隊への支持は高いが、違憲だという学者が7割いる。違憲ではないということを担保するためにも(憲法に)書き込むのはよい」と強調した。

 民間憲法臨調は5月3日午後2時から、自民党の下村博文憲法改正推進本部長らを招き、東京都千代田区の砂防会館別館で公開憲法フォーラムを開催する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ