安倍首相、EU首脳と会談 トゥスク大統領「令和」に祝意、首相はWTO改革に意欲

 【ブリュッセル=小川真由美】欧米を歴訪中の安倍晋三首相は25日午後(日本時間26日午前)、ベルギーに到着し、ブリュッセルの欧州連合(EU)本部でユンケル欧州委員長、トゥスク大統領と会談した。自由貿易体制の維持や世界貿易機関(WTO)改革など、6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に向けて日本とEUが連携していく方針で一致した。

 会談後の共同記者会見で、トゥスク氏は5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されるのを受け「日本の新しい元号『令和』は美しい調和と訳すが、私たちと日本の関係を象徴する」と祝意を表した。ユンケル氏も「日本とEUは共通の価値で結ばれた特に重要な仲間だ」と歓迎した。

 一方、WTO改革に関し、会見で首相は「産業の大きな変化にWTOは追いついていない。上級委員会のあり方もさまざまな課題がある」と指摘した。水産物輸入禁止措置をめぐり、WTO上級委員会で日本が韓国に逆転敗訴したことを踏まえた発言とみられる。

 会談で両首脳は、北朝鮮の完全な非核化のため、全ての大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)の重要性を共有した。首相は拉致問題の早期解決に向け理解と協力を求め、EUから支持を得た。

 会談後、日EU両首脳は共同声明を公表した。声明は、強引な海洋進出を進める中国を念頭に「東シナ海および南シナ海において、国際法に反する武力の行使および一方的行動を差し控えることが決定的に重要」とし、海洋の安全保障に取り組む方針を確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ