北朝鮮問題「米ロなど国際社会と協力」 菅官房長官 プーチン氏の6カ国協議言及で

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は26日午前の記者会見で、ロシアのプーチン大統領が北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再活用に言及したことについて「日米および日米韓3カ国で緊密に連携し、ロシア、中国をはじめとする国際社会と協力していくという考え方に変わりはない」と述べた。

 プーチン氏は25日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と初の首脳会談を行い、その後の記者会見で6カ国協議に言及した。

 菅氏は「朝鮮半島の平和と安全をどう確保していくかということは、わが国を含む関係国間で議論していく課題だ」と指摘。首脳会談について「重大な関心を持って情報収集、分析に努めており、ロシア側関係者からの聴取も進めている」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ