岩屋防衛相「情報収集と監視に万全期す」 北飛翔体

 岩屋毅防衛相は9日、北朝鮮が飛翔(ひしょう)体を発射したとの報道に関し「米国や韓国と連携し、情報収集と分析に努めるとともに、警戒監視に万全を期したい」と語った。北朝鮮の意図や飛翔体の種類については「分析中だ」と述べるにとどめた。防衛省で記者団に語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ