日露が外務・防衛閣僚協議 北方領土軍事演習、陸上イージスで溝 北非核化連携では一致

 日露両政府は30日、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を都内で開き、北朝鮮の完全な非核化に向け緊密な連携を図ることで一致した。ただ、ロシア側は陸上自衛隊の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」導入計画への懸念を示し、北方領土をめぐっても立場の違いが目立った。

 日本側はイージス・アショアについて「純粋に防衛的でロシアに脅威を与えるものではない」と説明したが、ロシア側は「ある国の安全保障を確保するときに、他の国の安全保障を犠牲にしてはならない」と反論した。

 日本側は北方領土でのロシア軍の軍備増強や軍事演習についても「わが国の法的立場とは相いれないもので、冷静な対応を求めたい」と申し入れた。ロシア側は「北方四島はロシアに主権があり、ロシアの領土におけるロシア軍の活動だ」と受け入れなかった。

 2プラス2は昨年7月以来で4回目。河野太郎外相と岩屋毅防衛相、ラブロフ外相、ショイグ国防相が出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ