岩屋防衛相、調査ミスで謝罪 地上イージス、他の候補地測量へ

 岩屋毅防衛相は17日、秋田市を訪れ、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画をめぐり、佐竹敬久秋田県知事や穂積志秋田市長と相次ぎ会談した。陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかった問題など不手際が相次いだことについて「深くおわびする」と謝罪。東北地方の他の候補地について、外部の専門家の活用を視野に測量を実施すると伝達した。佐竹氏は「防衛省はマイナスのスタートと受け止めてほしい」と厳重に抗議した。

 岩屋氏は再発防止を徹底する考えを表明。配備実現への理解も改めて求めた。佐竹氏は現時点で新屋演習場が適地であるとの説明は受け入れられず、協議に応じることはできないとの考えを記者団に示した。穂積氏も受け入れ可否の判断に2、3年かかるとの考えを記者団に表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ