「極めて遺憾」 徴用工訴訟で西村副長官 仲裁委応じない韓国に

 西村康稔官房副長官は19日午前の記者会見で、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に韓国政府が応じなかったことについて「極めて遺憾だ」と述べた。その上で「韓国が度重なる国際法違反の状態を是正することが必要だ。具体的な措置を講ずるよう強く求めていきたい」と強調した。

 韓国の対応を受け、日本政府は国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針だが、西村氏は「どのタイミングでどのような措置を講ずるかについては現段階では差し控えたい」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ