防衛相「全体状況を見ながら判断」 ホルムズ有志連合

 岩屋毅防衛相は23日の記者会見で、中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた米国主導の有志連合に関し「外交努力を続けると同時に、全体状況を見ながら、わが国として何ができるかを判断していく」と述べた。

 日本の対応について「予断を持って答えることは控えたい」とする一方で「すぐに自衛隊を派遣するような状況にはない」との認識も改めて示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ