菅氏講演 徴用工問題で「感情的にならず…」

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は24日、東京都内で講演し、日韓関係をめぐり、いわゆる徴用工問題に言及した上で「感情的になることなく、主張すべき点はしっかり主張する」と述べた。同時に「文化交流などを進めるのは当然のことだ」と語った。

 菅氏は徴用工問題について「日韓請求権協定を日本と韓国で結んだ。約束したからには裁判所など全ての国家機関は順守しなければならないというのが国際法の大原則だ」と指摘。「歴代大統領も認めてきている経緯もある」とも話した。

 日本としては「国際法の大原則に基づいて毅然(きぜん)と対応するのが基本的な考え方だ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ