菅長官「日本の考えを対外的に説明」 徴用工資料公表

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は30日午前の記者会見で、いわゆる徴用工問題をめぐり、外務省が日韓請求権協定に関する交渉過程の資料を公表したことについて「日本側の考えを対外的に説明し、正しい理解を求めていくのは政府として当然の役割だ」と述べた。

 菅氏は「韓国政府に対し、国際法違反の状態の是正を含む具体的な措置を早急に講じるよう強く求める立場に変わりはない」と強調。「日本企業の正当な経済活動の保護の観点から、あらゆる選択肢を視野に入れて毅然(きぜん)と対応していく」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ