公明代表も韓国批判 来日議員団に「国民が失望」

 公明党の山口那津男代表は31日、来日中の韓国国会議員団の徐清源(ソチョンウォン)団長らと党本部で会談した。同席者によると、山口氏は慰安婦問題をめぐる日韓合意や、いわゆる徴用工問題を念頭に「韓国で政権が代わることによって政府間の約束が守られなくなることに、日本国民の多くが失望感を持っている」と述べ、韓国側の対応を批判した。

 さらに、日本政府が安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示していることについては「輸出管理をしっかりと行うことは安全保障上の重要なルールで、日米韓でも共有されている考えだ」と指摘した。

 その上で、輸出管理の問題を民間交流の中止などに結びつけないよう要請し、「(問題解決の)ボールは韓国の大統領府にある」と強調した。

 一方、韓国側は、ホワイト国からの除外措置を日本政府が取らないよう、公明党に働きかけを求めたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ