少女像の展示中止要請へ 名古屋市長が愛知県知事に

 名古屋市の河村たかし市長は2日、同市などで開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を視察し、元従軍慰安婦の女性を象徴した「平和の少女像」の展示中止を、大村秀章愛知県知事に求める考えを記者団に明らかにした。

 河村市長は従軍慰安婦問題が「事実でなかった可能性がある」と発言。「国などの公的資金を使った場で展示すべきではない」と述べた。大村知事は芸術祭の実行委員長を務めている。

 少女像は韓国の彫刻家が制作。国内の美術館やイベントで近年、撤去や公開中止となった作品を集めた企画の一つとして展示されている。

 あいちトリエンナーレはジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務め、1日に開幕した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ