日米韓外相会談 米が日韓対立で仲介か

 河野太郎外相は2日午後(日本時間同)、訪問先のタイの首都バンコクで、ポンペオ米国務長官、韓国の康京和外相と3カ国外相会談を開いた。ポンペオ氏はいわゆる徴用工訴訟などによる対立の緩和を日韓に促すとみられる。

 韓国内では、日本の対韓輸出管理の強化をめぐり、安全保障の機密情報共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の見直し論が出ている。米側には、日韓の対立がさらに深まれば、北朝鮮問題をめぐる日米韓の連携に悪影響がでかねないとの懸念があるとみられる。

 会談では、短距離弾道ミサイルを相次いで発射した北朝鮮の最新の情勢を踏まえ、日米韓の緊密な連携が重要との認識を確認するとみられる。

 日米韓外相会談に先立ち、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長、ビーガン北朝鮮担当特別代表、ビーガン韓国外務省の韓国外務省の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長も北朝鮮情勢をめぐって意見交換し、今後の方針をすり合わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ