自民・二階氏、北のミサイル発射「断じて許されぬ」と批判 政府に苦言も

 北朝鮮による短距離弾道ミサイルや飛翔(ひしょう)体の発射が相次いでいることを受け、自民党は5日午前、党本部で北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部(本部長・二階俊博幹事長)の会合を開いた。二階氏は「国連安全保障理事会決議に違反し、断じて許されない」と北朝鮮を批判した。

 その上で、政府の対応についても「この間、国家安全保障会議(NSC)が開かれておらず、差し迫る危機感を傍観しているとの声もある。この責任に対して十分な対応を取っていないのではないかという疑問がある」と苦言を呈した。

 二階氏は5日午後の記者会見で「もっと綿密に詳しく党からいろいろ言われる前に、政府はしっかりと本分を自覚して対応すべきだ」と重ねて強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ