慰安婦像の展示中止に立民・枝野代表「暴力的な脅迫でやめさせるのはあってはならない」

 立憲民主党の枝野幸男代表は5日の常任幹事会で、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、慰安婦を表現した少女像などの展示が中止になったことについて「表現内容の評価はいろいろあるにしても、それを暴力的な脅迫でやめさせるというあってはならない事態が起きている」と述べた。

 枝野氏は「主催者は苦渋の選択だったと思うが、表現行為に対する暴力的な対応には、われわれとしても毅然(きぜん)とした対応を貫き、それがしっかり確保できる社会をつくっていくため頑張っていきたい」と語った。

 少女像は国内の美術館やイベントで近年、撤去や公開中止となった作品を集めた企画「表現の不自由展・その後」の一つとして出品。抗議の電話が殺到したことなど受け、芸術祭の実行委員会会長の大村秀章愛知県知事が3日に展示の中止を発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ