小池都知事がワイルド始球式「秘密練習したのに…」

 11日の巨人-ヤクルト20回戦(東京ドーム)で東京都の小池百合子都知事が始球式を行った。

 白いパンツ姿で、ユニホームの背中には「TOKYO 2020」の文字。ノーワインドアップから投げ込んだ球は一塁側に大きくそれたが、捕手役の小林がミットに収めた。

 「秘密練習をしていたんですが、そのわりにはマズいボールになってしまいました」と小池知事は照れ笑い。それでも開会式まで1年を切った2020年東京五輪のPR役をつとめ「大会は無事に進むようにしたいですね」と力を込めた。

 この日はいずれも東京を本拠地とする『東京ダービー』。満員の観客を前に小池知事は「スポーツでもありエンターテインメント。ハラハラドキドキと応援するチームもあったり、まさにスポーツの王道をいくのが野球」と近年観客数が急増するプロ野球人気をあらためて肌で感じた様子。

 東京五輪で3大会ぶりに復活する野球・ソフトボール競技についても「非常に東京大会らしくなると思う。スポーツが盛りあがり、世界がスポーツを通して連係が深まる機会となれば」と期待を寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ