皇位継承、男系断絶の危機乗り越えてきた過去

 皇統は126代にわたり例外なく男系で維持されてきた。女性天皇は過去に10代8人存在したが、いずれも男親をたどれば初代の神武天皇に行き着く男系だ。この皇位継承が危機にひんするたびに、時の為政者は遠縁でも男系の継承者を探し出すなどしてきた。

■断絶危機に備えた先人

 皇統断絶の危機は何度か訪れたが、解消に尽力した先人たちがいた。例えば大伴金村(おおともの・かなむら)と新井白石だ。

 5世紀末から6世紀半ばの豪族だった大伴は現在の福井県から応神天皇の5世孫を招き、第26代継体天皇として即位させた。江戸時代中期の儒学者だった新井は皇統断絶に備えて閑院宮家の創設を進言した。この宮家からは現在の皇室の方々と関係が深い第119代光格天皇が即位しており、新井の備えが功を奏した。

 男系継承に対しては「女性差別だ」との意見もあるが、京都産業大の所功名誉教授(日本法制文化史)は「皇室の祖先神と信じ仰がれるのは女神の天照大神であり、母性・女性の尊重こそ日本の伝統だ」と否定する。

■広まる「誤解」

 とはいえ、前例のない女系天皇を容認する声は少なくない。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の5月の合同世論調査では女系天皇への賛成が64・2%に上った。

 皇室に詳しい麗澤大の八木秀次教授は「皇位継承の原理原則を知らず、女王がいる英王室などと同一視しているのだろう」と解説する。

 伝統を重視する人たちは、戦後に連合国軍総司令部(GHQ)の意向で皇籍を離脱した旧11宮家の男系男子孫の復帰などによる解決を求めている。

 その中に適任者がいるのか疑問を示す向きもあるが、『誤解だらけの皇位継承の真実』などの著書がある作家の八幡和郎氏は「旧宮家以外にも男系を守っている方々が少なくない」と指摘する。戦前に皇室を離れた皇族や江戸時代に公家の養子となった皇族に由来する「皇別摂家」の子孫を指しており、八幡氏は「秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまの同世代でも対象者は数十人はいるのではないか」と語る。

■世論分断の懸念

 ただ、政界でも男系継承への理解は十分に広がっていない。立憲民主党は6月にまとめた論点整理で「偶然性に委ねる余地があまりに大きい」として女系天皇を容認すべきだと訴えた。旧皇族の復帰について「グロテスクだ」と嫌悪感を示す政府高官もいる。

 それでも八幡氏は「原則を曲げれば正統性が揺らぎ、『本来の継承者に返せ』という運動が起きる」と話し、社会の混乱を抑えるためにも男系継承を守るべきだと訴える。八木氏もこう指摘する。

 「『国民統合の象徴』をめぐり国家が分断される事態だけは避けなければならない。男系継承は守るべきだ。1千年後を生きる子孫から『一時代の価値観にとらわれた愚かな世代が伝統を壊してしまった』と嘆かれないためにも」

 少なくとも戦後の為政者らは、皇位継承に関し先人並みの汗を流していないことは確かだ。(内藤慎二)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ