立民、国民、社保の党首会談、直前で中止 統一会派めぐり19日に再会談

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦代表による衆参両院での統一会派結成をめぐる党首会談が17日、開催直前で延期になった。19日に再設定した。

 立民の福山哲郎幹事長は17日、延期の理由について「山登りで言えば9合目まで来ているところだが、最終のところで残念ながら議が整わなかった」と述べた。「全体の交渉が行き詰まっているとか、後退しているということではなく、前に向いて走っている中で最後の丁寧な調整のために見送った」とも語り、統一会派構想が頓挫する可能性を否定した。国会内で記者団の質問に答えた。

 立民など2党1会派は10月の臨時国会に向けて、両院での統一会派結成を目指して協議してきたが、憲法などの基本政策や新会派名、人事をめぐって見解の相違がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ