河野防衛相、在沖米軍トップと会談 初の沖縄訪問

 就任後初めて沖縄県を訪れている河野太郎防衛相は30日、在沖縄米軍トップのクラーディ四軍調整官と米軍キャンプ瑞慶覧(北谷町など)で会談した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「着実に実施していく」と伝えた。

 また、周辺地域の騒音被害の低減策となる米軍嘉手納基地(嘉手納町など)の海軍駐機場移転を、日米の合意に基づいて確実に行うように求めた。

 クラーディ氏は、引き続き沖縄県での高度な訓練が必要だとの考えを示す一方、「地元への影響を極小化する努力をしていく」と応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ