沖縄・宮古島で弾薬庫着工 防衛省、迫撃砲弾など保管

 防衛省は7日、沖縄県・宮古島(宮古島市)への陸上自衛隊の部隊配備に伴い、島南東部で弾薬庫の工事に着手した。弾薬庫は陸自宮古島駐屯地とは別の場所で、完成後に、地元の反発で島外に搬出した迫撃砲弾や中距離多目的誘導弾などを保管する。政府関係者が明らかにした。

 防衛省は3月、宮古島駐屯地を新設し、警備部隊を配置した。駐屯地では、地元への十分な説明がないまま、火力の強い迫撃砲弾などを保管していたことが4月に発覚。当時の岩屋毅防衛相が国会で謝罪し、弾薬は島外にいったん撤去された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ