防衛相、地上イージス配備先「ゼロベースで」

 河野太郎防衛相は24日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)について「新屋を所与のものとして考えるのではなくて、調査後にゼロベースで考えていきたい」と述べた。衆院安全保障委員会で、立憲民主党などでつくる会派の寺田学氏の質問に答えた。

 防衛省は配備候補地として新屋演習場とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の2カ所を計画していたが、両候補地に関する防衛省の調査ミスが判明し地元が反発。外部の専門業者に委託して再調査するとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ