防衛相、北ミサイル発射で「分析変える必要なし」

 河野太郎防衛相は1日午前の記者会見で、北朝鮮が10月31日に発射した弾道ミサイルについて「現時点で『短距離弾道ミサイル』というわれわれの分析を変える必要があるところまでいたっていない」と述べ、従来型である公算が大きいとの見方を示した。北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の試射に「成功」したと報じている。

 河野氏は記者会見で「一連の発射を通じ、さまざまなミサイル関係の能力を取得しようとし、それなりに能力が向上している」との認識も示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ