原油減産日量160万バレルも 価格下支え狙い拡大協議

 サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアをはじめとした非加盟国による原油協調減産をめぐり、現行より規模を拡大し日量計160万バレル程度とする案が浮上していることが2日、明らかになった。ロイター通信が報じた。原油価格の下支えを狙う。

 国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)を控え、サウジ政府が市場に驚きを与えようとしているとの見方も広がっている。産油国は5、6日にウィーンで会合を開き、今後の方針を決定する。

 現在、原油生産量を2018年秋の水準と比べ日量計約120万バレル減らす取り組みをしているが、日量40万バレルの追加削減を検討。現行枠組みの期限は20年3月末となっているが、同年6月末までの延長も議論している。

 OPEC関係筋によると、減産が強化されない場合は20年前半に大幅な供給過剰となり、在庫が積み上がることが内部の分析で明らかになっているという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ