韓国憲法裁 自民・岸田氏「国と国の約束守られるべき」

 自民党の岸田文雄政調会長は27日、韓国の憲法裁判所が慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について元慰安婦らが憲法違反だと認めるよう求めた訴訟で訴えを却下したことに関し、「国と国の約束は守られるべきだ。合意に基づく財団が一方的に解散されたことは納得できない」と述べた。岸田氏は15年当時、外相として日韓合意を確認した。

 岸田氏は産経新聞の取材に応じ、「(慰安婦問題を)最終的かつ不可逆的に解決するという両国の合意は尊重されるべきだ。国際社会からも評価された合意だ」と強調した。

 また、いわゆる徴用工訴訟の最高裁判決で日韓請求権協定違反の状態が続いていることについて「過去の約束を守れない国と未来に向けて約束して意味があるのか」と述べ、韓国側に早期の対応を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ