首相「中東の現状を深く憂慮」自衛隊派遣変更なし

 安倍晋三首相は6日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮で年頭記者会見を行い、緊迫化している中東情勢について「現状を深く憂慮している。事態のさらなるエスカレーションは避けるべきであり、全ての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める」と述べた。

 首相は先月のイランのロウハニ大統領の訪日に触れ「この地域の緊張緩和と情勢の安定化のために、これからも日本ならではの外交を粘り強く展開する」と強調した。さらに、海上自衛隊の中東派遣について「日本関係船舶の航行の安全を確保する」と述べ、派遣方針に変更はないとの認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ