憲法改正で首相「私自身の手で成し遂げていく考えに揺らぎない」年頭会見

 安倍晋三首相は6日、三重県伊勢市で開いた年頭記者会見で、憲法改正について「私自身の手で成し遂げていくという考えにまったく揺らぎはない」と述べた。

 一方、首相は「改憲のスケジュールは期限ありきではない」とも言及した。1月召集の通常国会で、改憲議論の場となる憲法審査会での「与野党の枠を超えた活発な議論」を求めたうえで、「国民投票法の改正はもとより、令和の時代にふさわしい憲法改正原案の策定を加速させたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ