「甘い対応」志位氏がゴーン被告保釈認めた裁判所を批判

 共産党の志位和夫委員長は6日の記者会見で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡をめぐり「こういうことが曖昧なまま許されてしまったら法治国家の体をなさなくなる。検察、法務省、政府の責任はたいへん重い」と述べ、法務当局の対応を批判した。

 志位氏は「あれだけの重大犯罪の被告を保釈し、甘い対応をした」とも指摘。保釈を認めた裁判所について「判断の問題も問われてくる」とも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ