首相年頭会見要旨 「五輪再び開催、新時代切り拓く1年に」

 安倍晋三首相が6日、三重県伊勢市で開いた年頭記者会見での主な発言は次の通り。

 【令和2年の抱負】

 少子高齢化、激動する国際情勢。私たちの前には、大変困難な課題が立ちはだかっている。五輪・パラリンピックが再びわが国で開催される歴史的な年を、国民とともに日本の新時代を切り拓(ひら)く1年とする。その決意を新たにしている。

 【社会保障改革】

 このままでは若い世代の社会保障負担が大きく上昇する。現役世代の安心を一層確保する制度へと改革する。子供たちや子育て世代への支援も充実させる。未来を見据えながら、全ての世代が安心できる社会保障制度へと改革していくことが、本年、内閣の最大のチャレンジだ。

 【北朝鮮問題】

 北朝鮮と日朝平壌宣言に基づいて諸問題を解決し、国交正常化する方針は揺らがない。最も重要な拉致問題の早期解決に向け、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と条件なしで直接向き合う考えだ。

 【中東情勢】

 現状を深く憂慮している。事態のさらなるエスカレーションは避けるべきであり、すべての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める。

 【自由貿易】

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟国の拡大、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉など、自由貿易の旗手としてリーダーシップを発揮する。

 【憲法改正】

 私自身の手で成し遂げる考えは揺らがない。しかし、期限ありきではない。まずは通常国会の憲法審査会の場で、与野党の枠を超えた活発な議論を通じ、国民投票法の改正はもとより、令和の時代にふさわしい憲法改正原案の策定を加速させたい。

 【外国人観光客】

 観光は地方創生の起爆剤だ。各地の観光資源を、世界中に強力かつ戦略的に発信する特別なプロモーションを、1年間にわたり展開する。

 【桜を見る会】

 国民からさまざまな批判があることは承知をしている。世論調査の結果についても謙虚に受け止め、今後も丁寧に対応していく。

 【第1次産業】

 農林水産業は国の基だ。災害に負けない強靱(きょうじん)な生産基盤を構築し、成長産業化を進め、若い人が将来に夢や希望を持てる農林水産新時代を切り拓きたい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ