菅氏、「IRは必要」 汚職事件と事業は「次元が違う」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は6日のBSフジ番組で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件に関し、「日本が世界の人々に来ていただく観光先進国を目指す上では(IRは)必要だ。今回の事件とは明らかに次元が違う」との認識を示した。

 衆院議員の秋元司容疑者(自民党を離党)が収賄容疑で逮捕されたことについては「残念だ」としつつ、「IR以前の問題だ。外国人からの献金は禁止されている」と指摘した。

 また、日本維新の会の下地幹郎衆院議員が同日、中国企業側から現金100万円を受け取ったと公表し、同党の松井一郎代表が「(下地氏は)議員辞職すべきだ」と述べたことについては、菅氏は「維新の判断だ」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ