カジノ管理委が発足 内閣府の外局、業者監督や依存症対策も

 統合型リゾート施設(IR)のカジノ規制を担うカジノ管理委員会が7日、内閣府の外局として発足した。運営事業者を監督し、マネーロンダリング(資金洗浄)やギャンブル依存症の対策も担う。IR開業は2020年代半ばと見込まれ、当面は施設運営のルール作りを進める。10日に初会合を開く。IR事業に絡む汚職事件を受け、公正な運営の徹底が課題となる。

 IRは全国で最大3カ所を整備する。政府は令和3年1月から計画を受け付ける予定で、既に横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県が誘致を表明している。

 管理委はIR整備法に基づき設置された。国家公安委員会などと同様に独立した権限を持つ国家行政組織法上の「三条委員会」の位置づけだ。立ち入り検査の権限もあり、法令違反があれば取り消しを含む行政処分を科す。ルーレットやポーカーなど国内施設で認められるゲームの種類や機器に関する規則も作る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ