菅氏、「粘り強い外交努力続ける」海自の中東派遣は「予定通り」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は8日午前の記者会見で、イランによるイラク国内の米軍駐留基地への攻撃に関し「引き続き関係国と緊密に連携し、粘り強い外交努力を展開していきたい」と述べた。「全ての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める」とも語った。

 また、海上自衛隊の中東派遣については「日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集体制を強化することは必要だ。現時点で方針に変更はなく、現地の情勢を見極めつつ準備に万全を期したい」と強調した。

 一方で、今月中旬に予定していた安倍晋三首相の中東訪問に関しては「今般の事態も含めた現地の情勢を見極めながら判断をしたい」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ