東京五輪輸送ルートに桜色看板 渋滞対策、周知狙い

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、選手や大会関係者が移動で使う道路に、桜色でバスの絵柄と「TOKYO2020」の文字が入った看板の設置と路面表示を行うと発表した。渋滞対策として、一般車両や周辺住民に関係者の輸送ルートであることを周知し、大会中は通行や駐車を控えてもらうよう協力を呼び掛ける狙いがある。

 組織委によると、関係者輸送ルートは計約1360キロで、看板は約2200カ所に設け、路面表示は約1200カ所に施す予定。東京圏は高速道路は看板のみで、600メートル~1キロ程度の間隔とする。一般道は路面表示と看板を300メートル程度の間隔で交互に配置し、交差点にも設ける。2月から設置作業を始める。

 関係者輸送ルートのうち、関係車両しか走行できない計4・3キロの「専用レーン」は、車道の中央に約30センチ幅の太い桜色の実線を引いて周知する。一般車両も走行は可能なものの、関係車両が通る場合には譲らなければならない計19・8キロの「優先レーン」は桜色の破線で表示する。組織委によると、両レーンは、道路交通法上の規制対象区間となるため、別途、警察が青色の標識を立てる予定という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ