菅長官「万全の対応取る」 中国、ウイルス性肺炎

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は10日、中国湖北省武漢市で多発している原因不明の肺炎をめぐり、日本政府も対応を進める考えを表明した。

 中国側が新型のコロナウイルスを確認したと公表したのを踏まえ、「厚生労働省において、世界保健機関(WHO)などからの情報収集や検疫所での健康状態の確認など、引き続き万全の対応を取る」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ