首相、中東3カ国歴訪に出発 緊張緩和で連携

 安倍晋三首相は11日午前、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。米国とイランの対立が続く中、周辺諸国に緊張緩和を働きかけることで、地域の安定化を図る。中東に派遣する海上自衛隊の活動にも理解を求める。

 出発に先立ち首相は、緊張緩和と情勢安定化に向けて「日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく考えだ」と述べた。羽田空港で記者団の質問に答えた。

 首相は最初に訪れるサウジアラビアでは、サルマン国王やムハンマド皇太子と個別に会談し、地域の大国であるサウジと緊張緩和に向けた連携を確認する。13日にはUAEに移動しアブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド皇太子と会談する。14日にオマーンでアスアド国王代理らと面会し、15日に帰国する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ