有本恵子さんが60歳誕生日 焦る父「はよしてもらわんと」

 1年後には、また会えるはずだった-。英国に留学していた昭和58年、北朝鮮に拉致された神戸市の有本恵子さん=拉致当時(23)=が12日、60歳の誕生日を迎えた。留学は1年程度だったはずなのに、拉致で強制的に狂わされ、家族離ればなれの時間はもう40年に近い。再会を願い、自宅で開かれてきた誕生日会に今年、入院中の母親、嘉代子さん(94)は参加できなかった。「いよいよ、はよしてもらわんと」。進展が見えない現状に、父親の明弘さん(91)や家族の焦燥感は募る。(中村翔樹、小林宏之)

 12日夕、神戸市長田区の自宅には今年もケーキや赤飯、ハンバーグなどが並んだ。ケーキには60歳、還暦を祝って6本のろうそくを立てたが、それがかえって時間の流れを痛感させた。「もう少し待っとけと。それしか言えない」。明弘さんの表情は浮かなかった。

 料理は、明弘さんと自宅でともに暮らす恵子さんの姉の尚子さん(61)らが用意したもの。以前は嘉代子さんも一緒に準備していたが、それもできなかった。

 嘉代子さんは昨夏に自宅で転倒し、腰や顔を強く打って入院。一度は退院したが、口数が少なくなった。気落ちした妻に、「このままだと逝ってしまう」(明弘さん)。元気づけようと考えたのが、嘉代子さんが20代のころに近所の写真店で撮影してもらった写真を見せてあげることだった。

 髪を束ね、物憂げに植物を眺める姿は当時、女優のようだと評判になり、ショーウインドーに飾られたほど。「女の人やからな。自分のきれいなころを見たら気分も良くなる」と自宅から探し出し、知人に頼んでサイズも引き伸ばしてもらった。夫の心遣いに嘉代子さんは笑顔を取り戻した。

 恵子さんが大学卒業を間近に控えた57年3月、両親は突然、留学の気持ちを打ち明けられた。反対だったが、恵子さんはそのときすでにロンドンの下宿先も決めていた。「そこまで進んでいたら、認めなしゃあない」(明弘さん)。小学生のころから英語教室に通い、深夜ラジオで流れる洋楽を熱心に聞いていた恵子さんの意思を尊重した。

 当初の予定は半年間だったが「勉強が足りていない」と便りが届き、もう半年、延期することになった。58年6月になって、ようやく「8月に戻ります」と連絡があった。やっと会える-。そう思っていた。

 だがこのころには日航機「よど号」を乗っ取って北朝鮮に渡った過激派、元共産主義者同盟(共産同)赤軍派メンバーの元妻が、恵子さんに接触していた。元妻は北朝鮮の革命思想に染まり、人材獲得のために欧州で日本人女性を連れ去ることを任務に活動していた。恵子さんは同年7月にデンマーク・コペンハーゲンに移動し、北朝鮮工作員、キム・ユーチョルによって北朝鮮へ連れ去られたとみられる。

 平成14年の日朝首脳会談で、北朝鮮側は恵子さんについて「ガス事故で死亡した」と説明した。死亡の経緯に不審点が多く、明弘さんらは信じていないが以降、進展はない。

 今月初め、嘉代子さんは自宅でいすに座ったひょうしに再び腰を痛め、また入院した。骨にひびが入っていたといい、尚子さんは「体はだいぶ弱っている」と打ち明ける。明弘さんも5年ほど前に心臓の手術を受け、今も毎日10種類程度の薬の服用が欠かせない。

 尚子さんによると、近くに暮らす一番上の姉の昌子さん(63)は今後、これまで両親が担ってきた救出に向けた活動に、自身が参加していくことを考えているという。尚子さんは「私は両親の日常を支える。皆で協力しあい、妹の帰りを待ちたい」と話す。

 拉致の情勢について、明弘さんは「いい流れはできている」とみる。トランプ米大統領が米朝首脳会談で繰り返し拉致を提起するなどしたことを高く評価しており、早期の日朝首脳会談の実現にも期待する。「拉致(解決)は詰めの段階に来ていると思う。ただ、はよしてもらわんと」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ