「一つの民族」発言を訂正 麻生氏

 麻生太郎副総理兼財務相は14日の記者会見で、福岡県直方市で13日に開かれた国政報告会で「2千年の長きにわたって一つの言葉、一つの民族、一つの王朝が続いているなんていう国はここしかない」と述べたことについて、「誤解が生じる発言ということなら、言い方に気を付け訂正せないかん」と述べた。

 政府はアイヌ民族を「先住民族」と位置付けたアイヌ施策推進法を昨年5月に施行しており、麻生氏は「政府の方針を否定するつもりはまったくない」と弁明。発言の趣旨については「日本という国は民族の大移動もないし、他の民族から占領されて変わったということもないし、地域が動いたこともない。比較的まとまった形で2千年近くの間、様態が継続してきたということを述べただけ」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ