河井克行前法相発言詳報(下)「国会議員として責務果たしていく」

 --今回の件について、安倍晋三首相(自民党総裁)や二階俊博幹事長に経緯などの説明はしているのか

 「していない。あくまで今日、広島地検が地元事務所の家宅捜索を行ったという報告を受けて、まずは地元の皆さま、関係者の皆さまに大変なご心配、ご迷惑をおかけした。そのことについて深くお詫びを申し上げたい。あわせて捜査には全面的に協力する。当局からの協力要請には真摯に対応して、説明協力を行っていく所存ですということをぜひ皆さまに今のうちに申し上げたい、そのように考えた」

 --疑惑発覚後、速やかに説明するという考え方はなかったのか

 「そのことにつきましても刑事告発がなされましたので、捜査に支障をきたしてはならない、捜査に支障をきたしてはいけない、そういう考えを持っておりました。説明をさせていただきたい気持ちはありましたし、今でもあります。しかしながら、すでに刑事事件として捜査が始まっておりますので、そのことにつきましては、自分の考え、所感などについては申し上げることは控えさせていただきたいと思います」

 --離党や議員辞職については考えていないということだが、その理由を

 「通常国会が間もなく始まります。国会議員としての責務をしっかりと果たしてまいる、そういった所存であります」

 --昨年の臨時国会に関しては国会審議に支障をきたすので出席しなかったという説明だった。通常国会でも支障をきたす可能性はあると思うが、なぜ違う

 「臨時国会につきましては、大臣を辞任して、そしてさまざまな方にご迷惑をいたしました。さらに国会審議に支障をきたしては決していけない、そのように考えまして国会を欠席させていただきました」

 --通常国会は支障をきたさないのか

 「通常国会につきましては、国会議員としての責務をしっかりと果たしていくべく、出席をするつもりであります」

 --臨時国会でも責務を果たすために出席するべきだったのでは

 「繰り返しになりますけれども、国会の欠席につきましては、多くの方にご迷惑をおかけして、国会審議に支障をきたしてはならない、そういう考え方から欠席をさせていただきました。そして合わせて、診断書の出ている妻の療養にも付き添っていたということです」

 --疑惑が事実か否かを答えることが、どうして捜査に支障をきたすかが分からない

 「そういった事柄を含めて、捜査に支障をきたしてはいけないという考え方から、私の所感、考え方などを申し上げるべきではない、そのように思っております」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ