衆院予算委詳報 首相「海外へ正しい情報発信に努める」

 17日の衆院予算委員会での主なやり取りは以下の通り。

 【首相の不規則発言】

 安倍晋三首相「12日の質疑の中で辻元清美委員に対し、質疑終了後、不規則な発言をしたことをおわびする。今後、閣僚席からの不規則発言は厳に慎むよう首相として身を処していく」

 【新型コロナウイルス】

 上野賢一郎氏(自民)「製造業や中国進出企業などの声を把握しているのか」

 梶山弘志経済産業相「国内主要企業、現地法人へのヒアリング、中小事業者向け相談窓口などで情報収集を行っている。国内外の状況を丁寧に見極め、必要な対策を機動的に実施していきたい」

 伊佐進一氏(公明)「海外への情報発信が不十分ではないのか」

 首相「米政府は(集団感染が起きたクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』の中で)しっかりとした管理が行われているという考えだった。(米側がチャーター機で自国民を帰国させたのは)日本の負担軽減も勘案しながら総合的に判断した。海外メディアに対し、間違った認識に基づく報道もあるので、正しい情報発信に努めたい」

 岡本充功氏(国民民主)「今の状況は『国内発生早期』と『国内感染期』どちらの段階なのか」

 加藤勝信厚生労働相「16日の専門家会議で専門家から『早期』という話があった。今の状況というより、次に拡大していく可能性があることを認識した対応が必要という指摘だった」

 岡本氏「東京五輪がボイコットされることになれば一大事だ。野党を含めてさまざまな意見を聞いて対策をとってほしい」

 首相「五輪の成功はオールジャパンで取り組んでいくべきことだ。感染拡大を防いでいくことに、政府全体、また与野党の壁を越えて一致協力して対応していきたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ