衛藤担当相「竹島の日は私が行くことで仕掛けようと思ったが」

 衛藤晟一(えとう・せいいち)領土問題担当相は18日午前の記者会見で、22日の「竹島の日」に松江市で開かれる記念式典に藤原崇内閣府政務官が出席することを明らかにした。衛藤氏は入閣前から竹島問題の早期解決を訴えるなど思い入れが深く、「私が行くことで仕掛けようと思ったが、例年通りやるしかないというのが本音だ」と述べた。

 式典には例年、政府代表として領土問題担当の政務官が出席している。地元からは閣僚の出席を求める声もあり、衛藤氏も当初、自身の出席を検討したが、政府内での調整の結果、最終的には見送った。衛藤氏は記者会見で「いろいろと相談した結果、例年通りが一番良いだろうということで決定した」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ