防衛省制服組トップが北を批判 「コロナ対応の中、許しがたい」

 防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は26日の記者会見で、弾道ミサイル発射を3月に入り3回繰り返している北朝鮮について、国連安全保障理事会決議違反だと述べた上で「各国が新型コロナウイルスの対応をしている中、このような暴挙は非常に許しがたい」と厳しく批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ