首相「自衛隊1万人態勢で対応を」九州大雨で指示

 政府は4日、熊本県などでの大雨を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。安倍晋三首相は「引き続き最大限の警戒を続ける必要がある」と述べ、自衛隊に対し「1万人態勢でさらなる応急対応に備え機動的かつ万全の対応を進めてほしい」と指示した。

 首相は「政府一体となって人命第一で応急対応に万全で取り組んでほしい」と述べた。「避難所に対し、新型コロナウイルス感染症対策も十分に考慮のうえ、必要な物資をプッシュ型で提供してほしい」とも語った。同日に武田良太防災担当大臣を現地に派遣する考えも表明した。

 大雨特別警報が出されている熊本県、鹿児島県などの地域住民に「自治体からの避難情報に十分に注意しながら、早め早めに自らの命を守る行動を心がけてほしい」と呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ