小池都知事が首相と面会 国との連携を確認

 5日投開票の東京都知事選で再選を果たした小池百合子知事が6日、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、新型コロナウイルス感染症や東京五輪・パラリンピックなどをめぐり国との連携を確認した。

 政府が九州南部の豪雨災害に対応していることを踏まえ、小池氏は防災服で訪問。首相が「力強い都民の声に支持された」と再選に祝意を示すと、小池氏は「喫緊の課題は新型コロナウイルス感染症だ。国の力を借りてしっかりと打ち勝って、その証しとして来年の五輪・パラリンピックにつなげていきたい」と応じた。

 その後、小池氏は報道陣の取材に応じ、国との連携について「国の補正予算を生かし、医療提供体制を万全なものにしていく。私から要望したポイントは水際対策だ。これから人の往来が増える中で、どのように水際を確実に安全なものにするのか重ねてお願いした」と述べた。

 また、当選後に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から再選を祝うメッセージを受けたことも明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ