菅長官「省庁横断支援チームを常日頃準備」 西日本豪雨2年

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、平成30年の西日本豪雨から2年を迎えたことをめぐり、その後の豪雨災害への政府対応に、当時の教訓が生きているとの認識を強調した。「集中的な大雨被害というのはここから始まった。省庁横断の支援チームを常日頃から準備したり、プッシュ型方式(の支援)を行ったりしている」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ