首都圏の感染者増 西村氏「警戒すべき状況」 参院内閣委

 西村康稔経済再生担当相は9日の参院内閣委員会で、東京都や埼玉県などで新型コロナウイルスの新規感染者が増加傾向にあることについて、「高い緊張感をもって警戒すべき状況だと認識している」と述べた。緊急事態宣言の再発出については改めて慎重な姿勢を示した。

 西村氏は、重症患者が少ないことや医療提供体制が逼迫(ひっぱく)していないことなどを挙げ、「総合的に判断すると直ちに宣言を行う状況にはない」と重ねて説明した。

 また、県をまたぐ移動については「自由だが、調子が悪い人は動かないことが大事だ」と指摘した。

 立憲民主党の岸真紀子氏の質問に答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ