内閣改造、次期総裁選見据え、自民の派閥が夏季研修会へ コロナ禍で懸念も

 秋に見込まれる内閣改造・自民党役員人事を前に、党内の各派閥は8月から9月にかけて夏季研修会を実施する。新型コロナウイルスの感染拡大を理由に見送る派閥もあるが、結束を固める機会だけに大半が例年通り行う方針だ。水面下では次の党総裁選に向けて「ポスト安倍」候補が動き出しており、研修会は派の方向性を確認する場にもなる。

 「国民の命や暮らしを守る観点から緊張感をもってしっかり議論したい」。岸田文雄政調会長は9日の岸田派(宏池会)の懇談会で豪雨災害を念頭にこう述べ、派閥を挙げて対応にあたるよう求めた。

 夏季研修会は派閥の結束を呼びかける機会でもある。岸田氏率いる岸田派は9月上旬に東京都内で開催。次の党役員人事は、岸田氏がポスト安倍を確実にするために幹事長に就くかどうかが焦点で、国会を離れて仲間が集まる研修会は足元を固める貴重な場となる。

 安倍晋三首相はその岸田氏を後継候補の一人と位置づける。首相の出身派閥で党内最大の細田派(清和政策研究会)は8月下旬に長野県で研修会を開く。細田派が支えてきた首相は来年9月に党総裁の連続3期の任期を終える。派内では西村康稔経済再生担当相や稲田朋美幹事長代行らが総裁選に意欲を見せており、意見集約する必要がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ