中国船の尖閣侵入、連続96日 旧民主党政権の“悪影響”で上陸調査困難、自民議員が「実効支配の強化」提案

 これ以上、暴挙を許すわけにはいかない-。沖縄県・尖閣諸島周辺海域に、中国海警局の武装公船が連日侵入していることに対し、自民党国防議員連盟は17日の会合で危機感を訴えた。議員からは、自然調査や資源調査、米軍との共同訓練など、「実効支配の強化」を求める意見が相次いだ。

 海上保安庁によると、尖閣周辺海域では18日朝も、中国公船4隻が確認され、うち1隻は機関砲のようなものを搭載しているという。領海侵犯は確認されていない。

 尖閣周辺で中国公船が確認されるのは「96日連続」で、2012年9月の国有化以降の最長日数をさらに更新した。このまま続けば来週22日には「連続100日」となる。

 日本は一刻も早く、実効性のある対策に乗り出さなくてはならない。

 前出の国防議連の会合では、中国および尖閣諸島の現状を、各省庁が説明した。防衛省は、中国が海軍や空軍を中心とした軍事力を強化しており、軍事予算は(年間)23兆6000億円に達するという見方もあるなどと説明した。外務省は、日本の海上保安庁に相当する中国海警局が、もはや軍の一部になっていると報告したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ