首相、緊急事態宣言を否定 「あのときと異なる」

 安倍晋三首相は24日、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況で迎えた4連休中の国民の行動に関し「ぜひ3つの密を回避する、大声を出しての行動を控えるなど、感染を予防する行動を徹底していただくように改めてお願い申し上げる」と呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は緊急事態宣言の再発令については「感染者数は増えているので高い緊張感を持って注視している。しかし、(4月7日に発令した)あのときと状況が異なる。再び緊急事態宣言を出す状況にはない」と述べた。

 また、検査態勢について「検査能力にはまだ余裕があるので、都道府県と連携して陽性者の早期発見、早期治療を進めていく」と説明。その上で「病院や高齢者施設における検査能力を強化してリスクの高い基礎疾患のある方、高齢者への感染防止に万全を期す」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ