西村担当相、お盆帰省「慎重に考えなければ」 高齢者への感染を危惧

 西村康稔経済再生担当相は2日の記者会見で、お盆期間中の地方への帰省について、新型コロナウイルスの感染が重症化リスクの高い高齢者に広がる恐れがあるため「慎重に考えなければならない」と述べた。

 西村氏は「家族で実家に行き同じ環境で食事をすると、無症状の若い人や子供から高齢者に感染が広がる可能性がある」と説明。週内にも新型コロナ対策分科会を開き、専門家の意見を聴き、移動制限も含め対策を検討する考えを示した。

 最近では、家族間や、酒類を伴う会食の場面での感染が多く確認されている。重症化リスクが高い高齢者への感染は医療提供体制の逼迫(ひっぱく)につながりかねず、医療体制が弱い地方はなおさら危機感が強い。先月31日の分科会でも、帰省を懸念する意見があった。

 一方、政府は「3密」回避やマスク着用などの感染防止策を講じることを前提に都道府県をまたぐ移動も自由とする立場だ。西村氏も会見で若者・高齢者の団体旅行や宴会旅行を避け、感染防止対策を徹底した上で通常の家族旅行をするのは問題ないとしている。

 会見に先立ち、西村氏は千葉県の森田健作知事、埼玉県の大野元裕知事、福岡県の小川洋知事とそれぞれ電話で意見交換した。飲食店に感染防止の指針を徹底させるための対策を強化することなどで一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ