中国は尖閣で自制を 山梨知事、県民感情「友好どころでなくなる」

 山梨県の長崎幸太郎知事は4日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域での中国公船の活動などについて「中国に対し自制するよう強く求めたい」と述べた。

 知事は「わが国固有の領土である尖閣諸島への不当な対応が長く続けば、県民感情が友好どころではなくなる」とした。北朝鮮の核・ミサイル開発は「県民に対する大きな脅威」との認識を示した。

 知事はまた、15日に山梨県護国神社(甲府市)で行われる戦没者追悼式に昨年と同様、神社奉賛会長として参列すると明らかにした。靖国神社は時間的余裕がないので参拝できないとした。

 戦没者や戦災死没者について、「国を守るために戦った方々や空襲などで亡くなった一般市民の犠牲を無にしないように、県づくりに取り組みたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ