茂木外相、コロナ禍の積極外遊

 茂木氏も週明け以降、中央アジア5カ国外相とのテレビ会合を挟んで、シンガポールやメコン3カ国などを訪問する。ビジネス目的の往来再開の交渉に入った国々との協議加速を図りつつ、東・南シナ海情勢などをにらんで各国外相らと意見交換する方向だ。訪英時と同様に、随行員の人数を最小限に絞るなど感染防止対策を徹底した上で、帰国時はPCR検査を実施し、2週間の自主隔離措置を免除する。

 首相が出席する先進7カ国首脳会議(G7サミット)は8月下旬にも米国で開かれる見通し。茂木氏の海外出張は、首相の外遊再開の環境整備もかねている。外務省幹部は感染防止対策で「絶対に失敗が許されない」と語る。

(原川貴郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ